Formatt-Hitech

FORMATT HITECH

グラデーションフィルター

使い方

© Bart Heirweg

グラデーションフィルターは、フィルターの半分にND効果があります。グラデーションフィルターは一般的に明るい空と下の地形の明るさのバランスをとるために使用されます。HDR (ハイ・ダイナミック・レンジ)技術に比べてグラデーションフィルターを使用する利点は、HDR処理で発生する「キャンディレインボウ」の影響よりもはるかにニュートラルな色表現ができます。さらに、単一露光で素晴らしい画像を作る事ができるグラディエーションフィルターは本当に満足できる技術であり、後処理での作業が少ないです。

NDの値

グラデーションNDフィルターは一般的に選択するモデルに応じて1~4Stopまたは1~ 5Stop減光することが可能です。 2~4Stopは最も利用されます。お好みのNDを決めるには、簡単にスポットメーターで空を測って、次に地上を測って、取得した数値の比較を行ってください。専門用のスポットメーターを持っていない場合、スマートフォン内のスポットメーターアプリケーションをご利用ください。アプリケーションは非常にうまく機能します。

グラッドの種類

03a

ソフトエッジグラッドははるかにグラッド種類の内最も人気のある種類です。透明部分とND効果部分間のソフトな変化は、山脈など平線上の差異を含む背景に隠されることを可能にします。ソフトグラッドは非常に汎用性の高い、使いやすいフィルターです。

03a

ハードエッジグラッド の場合、透明部分とND効果部分間に変化が定義されています。ハードエッジグラッドは、主に海景のような確定した水平線の上に明るい空の輝度を減少させるために理想的なフィルターです。ハードエッジグラッドは、芸術写真家やプロの撮影監督の両方のために不可欠なツールです。

03a

リバースグラッドは、フィルターの中央部に効果の最高濃度を備え、フィルターの上端部に向かって濃度を減少させます。リバースグラッドフィルターは、最高輝度が水平線近くにある場合は、日の出と日の入りの撮影するために設計されています。ハードまたはソフトグラッドに比べてあまり知られていないが、知っている人は、リバースグラッドが大好きです。風景撮影用キットを作製するときにコルビー ブラウンがリバースグラッドを追加すると主張しました。

03a

ブレンダーの機能は、変化がフィルターの上部から下部まであります。(または下部から上部まで、すべてのグラディエーションは下部にも効果を出しても使用します)、風景や水平線がソフトエッジフィルターの変化を隠すには複雑過ぎであるときブレンダーが使用されます。

03a

フォーマット-ハイテック社はあらゆる種類の色でカラーグラデーションフィルターを製造します。単一色のグラデーションフィルター以外に夕日や夕暮れのような複雑な色のグラデーションも創造し、それぞれは赤-オレンジ-黄色と青-紫-マゼンタ色のような複雑なグラデーションがあります。朝焼けや夕焼けそして静けさをより鮮やかに表現する素晴らしい方法です。一般的にカラーグラッドは1、2、3の絞り値があります。これらの絞り値はNDグラディエーションのように減光の特定の絞り(Stop)に対応してません。簡単に1,2,3はライト、ミディアム、ヘビーと考えます。

材料

グラデーションフィルターは、樹脂や通常のガラスあるいはFirecrestガラスで製造されています。樹脂および通常のガラスは、すべての色、twilight & sunset、ソフトエッジグラデーション、ハードエッジグラデーション、リバースグラデーションとブレンダーなどNDフィルターのすべての製品に使用されています。

Firecrestフィルターは、写真や映画用のソフトエッジNDグラデーションのいくつかの製品で使用されています。

03a

丸枠グラデーションでも

グラデーションフィルターのうち、いくつかの種類のフィルターは丸枠でも製造しています。しかし、丸枠が回転軸のみに調整でき、軸の上がり下がりに調整できません。従って、角形グラデーションをお勧めます。丸枠グラデーションを使わなければならない場合、ソフトエッジおよび薄い濃度を選択してください。

03a